陸マイラー母の旅日記

SFC修行(2016年解脱!)からJGC修行(2017年解脱)を決意、絶景や美味しいもの大好きな働く陸マイラー母の旅行ブログ

コロナ禍でも満足度の高かったリッツ・カールトン京都~お部屋編~

time 2022/07/24

旅行大好きMegです。

一進一退でなかなか終息の見えないコロナ禍ですが、来年以降はマリオットプラチナ維持は無理そうなので、プラチナメンバーの間に泊まりたい所!という事で、今年ポイント宿泊が変動制になる前にお得な70,000ポイントで予約したリッツ・カールトン京都に2022年7月に泊まってきました。
IMG_7150
私は個人的に前回宿泊時のチェックイン対応にちょっと不満があった(記事はこちら)のですが、今回はそれを払拭するとても快適な滞在ができて、とっても満足です!
今回は祇園祭期間中の宿泊だったので、ほぼ満室でスイートへのアップグレードは叶いませんでしたが、それでもアップグレードもしていただけて感謝です。
お部屋、会席水暉でのディナー、朝食の様子をUPしますが、今回はお部屋編です。

1.アップグレード

リッツ・カールトン京都の客室は、公式サイトを見ると下記のカテゴリーになっています。
デラックス(シティビュー) ←予約した部屋
デラックスKYOTO(中庭ビュー)
デラックスガーデン(日本庭園ビュー)
グランドデラックスカモガワリバービュー(鴨川ビュー)←アップグレードされた部屋
ガーデンスイート(日本庭園ビュー)
ガーデンテラススイート(日本庭園ビュー)
ガーデンテラススイートTATAMI(日本庭園ビュー)
コーナースイートKITA(鴨川ビュー)
コーナースイートTATAMI
コーナースイートMINAMI(鴨川ビュー)
スイートKAMOGAWA(鴨川ビュー)
スイートTSUKIMI(日本庭園ビュー)
ザ・リッツ・カールトン スイート(鴨川ビュー)

スイートルームを除いた客室で一番良いお部屋にアップグレードしていただきました!
公式サイトからもデラックスルーム以外満室となっていたので、感謝です。
チェックイン時にいただいた一保堂の冷たいお茶と辻利のチョコ八ッ橋も美味しかったです♪
rckyoto48

2.お部屋(グランドデラックスカモガワリバービュー)

前回はコーナースイートKITAで本当に素晴らしいお部屋でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回のお部屋はさすがにスイートとは比較になりませんが、コンパクトながらとても快適なお部屋でした!下の段が鴨川ビューのお部屋です。
rckyoto1
廊下はウッディで和の雰囲気。
rckyoto2
お部屋のドアも和でした。
rckyoto3
ドアを入ると、細長いミニバーカウンターと、その裏側に洗面台、洗面台の向かい側にクローゼットとバスルームがあります。
rckyoto4
ミニバーを居室側から見たところ。ネスプレッソマシン、無料のボトルウォーター、アイスペール、
rckyoto7
カウンターの下にグラス類や中央にミニ冷蔵庫があります。家具のようで中央のミニ冷蔵庫の所は特に開けるのがわかりにくかったです。
rckyoto13
ネスプレッソカプセルも6個も。
rckyoto8
有料アルコール類、スナック、
rckyoto6
カップやフォーク、ナイフも。
rckyoto5
ミニ冷蔵庫には有料飲料が沢山入っていました。
rckyoto12
グラス類
rckyoto10
ティーカップとティーバッグ。紅茶はRonnefeldtのアールグレイとハーブティーLemon Sky、ほうじ茶もありました。
rckyoto9
Russell Hobbsの電気ケトル。ラッセルホブスと言えば、オシャレなカフェケトル型や急須のような形のものを思い浮かべますが、初めて見た意外とベーシックなタイプ。
rckyoto11
入口を入って右側にクローゼットがあります。ハンガーはごっつい木製。服の型崩れ防止には良さそうですが、かさばってちょっと邪魔でした(苦笑)引き出しにセキュリティーボックス。
rckyoto14
浴衣もかかっていました。スリッパは意外と普通。
rckyoto15
居室側から洗面台とバスルームの間を見た所。正面の鏡がトイレのドアになっています。
rckyoto16
全面鏡のドアをスライドさせるとトイレです。
rckyoto17

3.洗面スペースとバスルーム

ミニバーの裏側が洗面台。正面は鏡ですが、一部テレビがうつるようになっていて、お風呂に入りながらも見える位置になっています。ダブルシンクは嬉しいですね。
rckyoto19
石鹸はAspreyと、京都しゃぼんやの手作り洗顔石鹸オーガニックフェイシャルソープはヒノキのいい香り!
rckyoto20
バスアメニティは綺麗な漆調の箱に入っています。
rckyoto21
箱を開けると、歯ブラシやヘアブラシなど、箱入りで綺麗に揃えられています。
rckyoto22
ドライヤーはNobby by TESCOM。定価16,280円のプロ仕様ドライヤーでした。
rckyoto23
洗面台の向かい側にガラス張りの洗い場付きバスルーム。壁とバスタブに桜の花びらが舞っている模様で素敵です。洗い場のすのこは取り替えたばかりなのか、ヒノキのとても良い香りがして癒されました。
rckyoto24
シャワーはレインシャワーと可動式シャワー。
rckyoto25
シャンプー・コンディショナー・シャワージェルもAsprey。
rckyoto26
バスピロー、ここにもAspreyの石鹸、ヘチマスポンジとボディタオル。ゆっくりバスタイムが楽しめます。
rckyoto27
バスソルトは京都しゃぼんやの柚子ブレンドとひのきブレンドの2種類でした。
rckyoto47

4.居室

入口を入ると正面に茶器が置かれています。
rckyoto28
開けるとオシャレな茶器が。茶筒には一保堂の三角茶袋くき煎茶が2袋入っていました。これ、とっても美味しくてチェックイン後すぐに2バッグとも飲んでしまったら、ターンダウン時に新しい物が2個追加されていました♪
rckyoto29
お部屋は広々していて、大きなフルサイズの窓の横には、鴨川が眺められる丸テーブルとチェア。
rckyoto30
ベッドマットレスはシモンズでしたが、その上に厚いベッドパッドと更に薄手のパッドが敷かれていて、柔らかすぎない柔らかさで快適な寝心地でした。ただ、枕が2つともかなり沈み込む薄いタイプで、それが好みの私は良かったのですが、ベッドに座ってテレビを見たい時などは柔らかすぎてソファのクッションを大量に使いました。1個は厚みがあるもの、1個は薄いもの、と組み合わせてもらえると良いのにな~。
rckyoto31
ベッドサイドテーブル片側にはTivoli Audioのラジオとコンセント1個。
rckyoto32
反対側のサイドテーブルにはやはりTivoli Audioのアラームクロックラジオ+bluetoothスピーカーとコンセント1個。Tivoli Audioは高級品ですが、こちらは5万円近くする代物と知りビックリ。さすがリッツカールトン。
rckyoto33
ベッド向かい側にはクッションが沢山置かれたソファと小さなテーブル。このソファの生地は目がチカチカする柄でちょっと苦手・・・。
rckyoto34
逆光で暗くて見えにくいのですが、このテーブルスペースは居室よりひと回り内側に木製枠?で囲まれた面白い造りになっています。縁側のイメージだそうですが、間接照明などが効果的に配置されていて雰囲気のある空間になっています。
rckyoto39
窓際に盆栽が配置され、壁には大きなTV。
rckyoto35
このTV、ベッドやソファからだと見にくいな~と思っていたら、こんな風に直角まで向きを変えられます!
rckyoto40
テーブルにはウェルカムフルーツのブドウとミカン、箱に入ったお菓子、同行家族の誕生日だったので、お祝いのお菓子もいただきました!美味しかったです。ありがとうございます!
rckyoto38
箱に入ったお菓子は宇治抹茶煎餅でした。
rckyoto41
盆栽の横に、マスクと消毒液。
rckyoto42
部屋から入口を見た所。中央柱の右側がミニバー、左側が洗面台とバスルームなどです。
rckyoto37
バスルーム側はドアを閉められます。閉めるとこんな感じ。
rckyoto36
ターンダウン後に、ミニチョコ(外見から甘納豆かと思いました!)が置かれていました。
rckyoto46
女性用化粧品をリクエストしたら、KYO NO HINOKIのクレンジング、化粧水、美容液のセットが小さな巾着に入ってました。
rckyoto46
セパレートタイプのパジャマもリクエストすると借りられます。着心地の良いパジャマでしたよ~。
rckyoto44
窓からの鴨川の眺めも良かったです!
rckyoto43

5.プール

リッツ・カールトン京都のプールは落ち着いていて好きです。写真は撮れないので、公式サイトからお借りしました。
IMG_pool
水着(大人用のみ)を無料で借りられるので、水着を持って来ていなくても利用できるのは嬉しいですね。お子さんは4歳以上から利用可(要水着持参)。それも、更衣室にあるシャワールームには英国発高級ブランドのESPAのシャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ、そしてドライヤーは6万円近くする高級ドライヤーのREPRONIZER 4D Plus!お時間あれば是非プールを利用してみて下さいね~。

とても快適なお部屋でゆっくり贅沢な滞在を楽しめました!
次は、会席水暉でのディナー、朝食の様子をご紹介します。

sponsored link

down

コメントする




旅行大好きMegです

子育てももうじき卒業、「非日常」の旅行はボケ防止にも良いというドクターの言葉を真に受け、旅行三昧の余生(!?)を送るべく社会人してます。 母だって主婦だって旅に出たい!”お得にちょっと贅沢な旅”がモットーです。素敵な非日常を楽しむ方が一人でも増えたらいいな~と思っています♪ あなたも旅に出てみませんか? [詳細]

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link