陸マイラー母の旅日記

SFC修行(2016年解脱!)からJGC修行(2017年解脱)を決意、絶景や美味しいもの大好きな働く陸マイラー母の旅行ブログ

東京エディション虎ノ門ホテルの良い点、惜しい点<食事編>

time 2021/10/17

旅行大好きMegです。

2020年10月にオープンしたばかりの日本初のエディションブランド、東京エディション虎ノ門ホテルに2021年9月泊まってきました。
マリオットの最高カテゴリーであるカテゴリー8に属する最高級ホテルという位置付けで、その高い期待値から顧客満足度を維持するのも大変だと思います。私はマリオットボンヴォイのプラチナメンバーですが、こちらはクラブラウンジがなく、また無料朝食も付かない(アメニティ選択肢にも無い)ので、プラチナ以上のエリートメンバー特典恩恵が少ないホテルになります。
オープン1年を前に宿泊して感じた良い点、惜しい点<お部屋編>(詳細はこちら)に続いて<食事編>をお伝えしたいと思います。
edition4

1.Lobby Bar

フロント階の31階にオシャレなロビーバーがあります。残念ながら緊急事態宣言中でアルコール提供を中止していたので、夜は営業していませんでした。
床から天井までの大きな窓から東京タワーが見えて、ここでお酒をいただくのも素敵でしょうね~。
tokyoedition47
奥に見えるグリーンの向こう側がThe Blue Roomです。
edition49
天井も壁もとても美しい~。テーブル席もありましたが、私にはピクニックテーブルのように見えちゃいました・・・(汗)
tokyoedition87

2.The Blue Room(ディナー)

今回、朝食・夕食付プランで予約したので、3品9,500円のコースディナーをいただきました。店名の通り、ブルーのイスが印象的なお店です。
tokyoedition49
ただ、何となく全体的に高級感が感じられず・・・ちょっと高級なファミレスのような・・・何故だろう?インテリアのせいなのかな?
そしてWホテルもまっさおなノリノリガンガンなBGM。高級ホテルのレストランでお値段もそこそこするのですが、かなりカジュアルなので、フォーマルなシーンでの利用はお勧めしません。
事前予約してあり、コースが決まっている事も伝えてあったので、名前入りのメニューが置かれていました。江戸切子のキャンドルグラスも素敵でした♪
tokyoedition50
この日の3品コースは
前菜:イワシのマリネ&スモークドポテト、トマト、卵、オリーブ
メイン:和牛テンダーロイン、巨峰、コーヒー、ビーツ、赤ワインソース
デザート:リンゴのミルフィーユ、パイ生地、カスタードクリーム、リンゴのキャラメリゼ、柚子ソルベ
コースも決まっていて事前予約してあったにも関わらず、席に着いてから最初のお料理が出てくるまで30分近くかかりました。店内特に混んでいる様子でもなかったのですが・・・
やっと出てきた前菜とパン。少し酸味強めの味付けでした。
tokyoedition51
その後のお料理はスムーズに提供されました。メインの和牛ステーキ。お肉がとっても柔らかくて美味しかったです!味付けはちょっと濃い目でしたが、お肉と巨峰が予想外にマッチしてました。
tokyoedition52
デザートのミルフィーユ。ミルフィーユは美味しくて好きなのですが、食べにくいのが玉に瑕ですね。どうすれば綺麗に食べられるのかいつも悩みます・・・。柚子ソルベはさっぱりしていて美味しかったです。
tokyoedition53
オマケでチョコクッキーをいただきました。写真撮りそびれてしまいましたが、カプチーノのフォームミルクがとてもぎっしりしっかり濃密なクリーミーフォームで美味しかったです。
tokyoedition54
全体的に濃い目、酸味の味付けが多かったですが、食材の組み合わせがユニークで美味しかったです。実際席に座っていると東京タワーは生い茂るグリーン(笑)に阻まれて見えませんが、綺麗に入れて素敵な写真を撮っていただきました。ありがとうございます!
tokyoedition55

3.The Blue Room(朝食)

朝食会場もこちらです。
と言うか、ホテル内のレストランはまだこことLobby Barしかオープンしていません。スタッフの方から聞いたのですが、コロナ禍でシェフの来日目途が立たずオープンできていないそうです。こればっかりは予測がつかないので大変ですね・・・。
東京エディション虎ノ門ホテルは、通常プラチナメンバーにつく朝食無料特典がつきません(アメニティ選択肢にもない)。朝食を希望される場合は、最初から朝食付プランで予約しましょう。
洋朝食(ブルールームブレックファスト)と和朝食があり、どちらも6,300円(税・サ込)。有料で朝食をとった場合のエリートメンバー割引特典もないのでご注意下さい。
メニューを撮り忘れてしまったので、公式サイトからお借りしました。
menu
結構混んでいたので、最初窓から一番離れた奥の席に案内されたのですが、注文後お料理が出てくる前に窓際席が空いたと移動のお声かけをいただいて感謝です!朝食時間が遅くなってしまい混雑のピークも過ぎていたので、気を利かせていただけたのかもしれませんが、東京タワーを間近に見ながらいただく朝食はとても贅沢でした。
tokyoedition56
東京タワーを目の前に臨める席は3~4テーブルしかないので、そちらの席に座れたらラッキーです♪
いつもは、洋朝食、和朝食1つずつオーダーするのですが、スタッフの方から和食専門のシェフがいないので洋食(シェフがドイツ人)がおススメと言われ、今回は2人とも洋朝食にしました。以前は3品選べたようですが、今は卵料理のみ選択できるように変わっていました(パンも3種類から2種類に)。
ブルールームブレックファスト(洋朝食)は、ホットかアイスの飲み物、クロワッサン、デニッシュ、グリーンサラダ、フルーツ、スモークサーモン、ハム、チーズ、お好みのエッグディッシュ1品。
和朝食は、ホットかアイスの飲み物、味噌汁、自家製ピクルス、野菜の煮物、卵、焼き魚、小鉢、フルーツ、白米か玄米。
嬉しかったのは、ホットの飲み物に大好きなカフェモカ(モカチーノ)があった事!1杯目はフォームミルクのキメが粗くてガッカリしましたが、お代わりした時は、前日夜同様のもっちり濃厚クリーミーなフォームミルクで大満足でした。写真はきめの粗かった1杯目。ちょっとスカスカなフォームミルク・・・
tokyoedition57
コールドプレート。パン、卵料理、フルーツ以外は全てこのワンプレートに(グリーンサラダ、スモークサーモン、生ハム、チーズ、オリーブ)。
tokyoedition58
パンはクロワッサンとミニチョコパン。クロワッサンはサクサクしていて美味しかったです。
tokyoedition59
オーストラリアBeerenberg(ビアレンバーグ)のイチゴジャム、ブルーベリージャム、ハチミツ。ペッパーミル、ソルトミルは高級プジョー製。
tokyoedition86
グレープフルーツジュースもいただけました。スタッフが配っていたヨーグルトとシグネチャードリンクも(生姜、ビーツ、ターメリックと何かだったと思うのですが、ちょっと苦手で飲めませんでした・・・)。
tokyoedition60
卵料理は、アボカドトーストと、
tokyoedition61
シグネチャー卵料理のエッグ&ベーコンサンドイッチにしました。たっぷり乗ったチリスクランブルエッグですが、甘くてビックリ。私はスクランブルエッグは塩味の方が好きだなぁ・・・
tokyoedition62
アボカドトーストはめっちゃ美味しくておススメです♪(シグネチャー卵料理より断然アボカドトースト押し!)2杯目のモカチーノのフォームミルク、写真でもわかるほどきめ細かくて1杯目とは雲泥の差でした!
tokyoedition63
季節のフルーツ。あれ、ちっちゃいな~と思いながら食べたのですが・・・
tokyoedition64
私は食べ終わってしまっていたのですが、スタッフの方が来て間違えて和食用のフルーツを出してしまったとの事で、洋食用のフルーツを持ってきてくれました。そうだったんですね、圧倒的に洋朝食の方が多かったので、何で私たちは小皿なんだろう?と周りを見て不思議に思っていました(笑)お陰でフルーツ多めにいただいてしまいました~。
tokyoedition65
なんだかんだお腹いっぱいになりました。ご馳走様でした。

4.The Jade Room + Garden Terrace(未オープン)

ロビーやバー、ブルールームのある31階にオープン予定のThe Jade Roomを見せていただけたのでご紹介します。中からお店の入口を見たところ。
tokyoedition70
お店の中。落ち着いた雰囲気です。
tokyoedition69
お店からガーデンテラスに出られるようになっていて、テラスはウッドデッキでグリーンも多くナチュラルな雰囲気。
tokyoedition71
テラスから店内を見たところ。
tokyoedition70
東京タワーがとても綺麗~。
tokyoedition68
東京の夜景がオープンエアーで見られてとても素敵です。オープンしたら是非行ってみたいです。
tokyoedition69

5.そう言えばプール

をアップするのを忘れていました。31階のエレベーターを降りて右に行くとフロントロビー、左に行くとプールとジムがあります。確認しましたが、プールへはバスローブ、浴衣、スリッパで行っても大丈夫ですが、くれぐれも間違えてフロントロビーの方へ行かないようにご注意下さいね。
プールの利用はコロナ禍で人数制限しているので、事前利用予約が必要で、利用時間は1時間。水着は有料レンタルもあります。プールへのドアを入るとすぐにロッカー。え、ドア開けたら丸見えじゃん?!って思っちゃいました。それも着替室ないし・・・。そして12個あるロッカー前はとても狭いです。
tokyoedition78
ロッカーの向かい側には、新しいタオルが置いてある棚、使い終わったタオルを入れる場所と、水着の脱水機がありましたが、脱水機あると便利ですよね。
tokyoedition79
洗面台もコンパクトで、シンクが1つ、スツールも1個、ドライヤーも1つ。クレンジングや化粧水があったら嬉しかったんだけどなぁ。
tokyoedition77
洗面台の向かい側にはシャワールームが1つ。
tokyoedition80
プールは小さめ、そして意外と深め。泳ぐ時は水泳帽着用必須で、プールサイドに置いてあり無料で借りられます。プールはシンプル、ちょっと殺風景な感じ?
tokyoedition75
プールサイドチェア。後ろの摺りガラスの向こうがフィットネスジム。フィットネスジムは利用者がいたので、写真は撮りませんでした。
tokyoedition74
奥にもチェアがあり、その奥にジャグジーがあります。
tokyoedition76
綺麗なブルーにライトアップされたジャグジー。こちらも1.2m深さがあるのと、入るステップの最後の段が幅が狭くなっていて知らずにこけそうになったので、ご注意下さい。ぶくぶくの中でリラックスできて気持ち良かったですよ~。
tokyoedition73

6.レンタル自転車

日中であれば、自転車が無料で借りられます(暗くなると危険なので明るい間のみとの事でした)。以前、リッツ・カールトン京都で借りた時は電動アシスト自転車だったので、普通のママチャリかと思っていたら、なんとスポーツバイク(クロスバイク?)。
tokyoedition81
女性が乗るにはサドルがめちゃくちゃ高いです。私は身長166cmあるのですが、停車時はサドルからおりてやっと足がつく感じ(停まる時にサドルからおりないと足がつかないのは慣れていないのでめちゃコワイ)。なので、身長160cm以下の方が乗るのは厳しそうです。
ヘルメット被って銀座まで行きました。天気が良かったので気持ち良かったのですが、車道を走るのも(車が多い)、歩道を走るのも(人が多い)、結構怖かったです(汗)。
tokyoedition83
因みに自転車を借りた理由は、銀座の有名ケーキ店「イデミ・スギノ」。
tokyoedition85
週末は行列のようですが、今回平日だったので並ばずにすぐ買えました。悩んだ挙句に選んだのは、フィグフィグ(イチジクのムースの中に洋梨のムースとイチジクのジュレ入り)とベ キャライブ(バニラとオレンジ風味のチョコレートクリームの間に完熟バナナソース入り)。どちらも美味しかったですよ~♪
tokyoedition82

東京エディション虎ノ門ホテルは東京タワーが本当に目の前に見えて贅沢な滞在ができるホテルです。お料理も概ね満足でしたが、都心にある高級ホテルという事で価格設定が高い事もあり、どういう「高級感」を求めるかによって料金に見合うかどうか評価が分かれるかもしれません。
個性的なホテルである事は間違いないので、レストランも全面オープンしたら、都心のジャングル(もとい、オアシス!笑)東京エディション虎ノ門ホテルにいらしてみてはいかがでしょうか。

sponsored link

down

コメントする




旅行大好きMegです

子育てももうじき卒業、「非日常」の旅行はボケ防止にも良いというドクターの言葉を真に受け、旅行三昧の余生(!?)を送るべく社会人してます。 母だって主婦だって旅に出たい!”お得にちょっと贅沢な旅”がモットーです。素敵な非日常を楽しむ方が一人でも増えたらいいな~と思っています♪ あなたも旅に出てみませんか? [詳細]

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link