陸マイラー母の旅日記

SFC修行(2016年解脱!)からJGC修行(2017年解脱)を決意、絶景や美味しいもの大好きな働く陸マイラー母の旅行ブログ

オープンしたてのウェスティン横浜での快適ホテルステイ<お部屋編>

time 2022/07/16

旅行大好きMegです。

2022年5月20日開業予定だったところ延期となり、6月13日にオープンしたばかりのウェスティン横浜に7月に泊まってきました。
開業延期が急だった上、連絡がいかなかった人がいたなど、開業早々色々とマイナス評価が多くなってしまっていましたが、約1ヶ月経ってどんな様子かも気になっていました。
プラス面、マイナス面なども含めての宿泊記です。今回はお部屋中心のレビューです。
westinyokohama1

1.立地

横浜みなとみらいにありますが、どの駅からも微妙に距離があるのがちょっと不便ですね。行きは時間もあったので横浜駅からぶらぶらと歩いてみましたが20分近くかかりました。帰りは用事があって急いでいたので、みなとみらい駅を使いました。みなとみらい駅は比較的近く、ホテルから駅最寄り出入口までは5分位ですがホームまでは10分近くかかりました。ホテルに近い出入口は階段のみなので、大きな荷物を持っているとちょっと大変です(もう少し先にエレベーターの表示がありました)。その他、桜木町駅、高島町駅なども徒歩圏です。
立地的には海よりかなり内陸寄りに建っているので、ベイビューという感じではありません。海方向には高い建物も多いので、正直何故ここに?という印象。ベイビューを希望されるならインターコンチネンタルとかカハラホテルの方が断然良いです(写真はインターコンチネンタル公式サイトより)。
intercontinental-yokohama
1階の入口を入るとコンシェルジュのみあり、どこからフロントへ行くのかわかりにくいですし、コンシェルジュスタッフも気を利かせて声をかけてくれたり案内してくれるでもなく、こちらから聞いたら教えてくれたのですが、もう少しわかりやすく案内があってもいいのにな~と思いました。エレベーターも左は客室行きで、フロントに行くのは右のみなので、いちいち聞かなくてもいいように案内があると良いですね。
この建物は、3階にレストラン、4階に宴会場・会議室、5階にフィットネス、プール、スパ、6階~12階は30日以上の長期滞在型サービスレジデンス、ホテル客室は13階~22階になっています。

2.チェックイン

フロントは最上階の23階にあります。チェックイン1時間待ちという情報も多く見かけたので、週末だったので待つのかな~と思い少し早めの2時過ぎに到着。並んではいましたが、チェックインスタッフ5名で対応していて、それ程待たずに案内されました。ただ、次々と人が来てチェックイン待ちの列が途切れることはなかったです(3時過ぎるとどうだったのかは見ていないので不明)。クラブラウンジでのチェックインを希望したのですが、既に何名か対応しているので、フロントでチェックインした方が早いと言われてそうしました。でも、時間がかかってもラウンジで座ってお茶を飲みながらチェックインできるなら、待っても良かったかな~と後から思ったりして。
westinyokohama2
フロント背後(客から見ると正面)は壁いっぱいの緑で、そこだけ見るとジャングルのような東京エディションをちょっと思い出しました。左は一面窓で眺めが良く解放感があります。人が多くて写真が撮れなかったので公式サイトからフロントロビーの写真をお借りしました。
front
チェックインはスムーズでした。スタッフを増やして待ち時間を減らし、当初の苦言に改善をしたのではないかと思います。

3.アップグレード

アップグレードはないと言われた人も結構いらしたようですが、これも改善されたのか?満室と思しき週末でしたが、クラブフロアにアップグレードしていただきました!
デラックスシティービュー ←予約した部屋
ベイルームシティービュー
コーナーキングシティービュー
クラブフロアシティービュー ←アップグレードされた部屋
クラブコーナーシティービュー
エグゼクティブスイート
スイートは84㎡、コーナールームは45㎡ですが、その他は全て42㎡なので、一番安いお部屋でも十分広いです。マリオット公式サイトでは、現時点ではシティビューしか出てきませんが、ベイビューとどうやって分けているか不明。他の予約サイト(一休など)ではシティービューとベイビューに分かれていたりするのですが。
隣りでチェックインしていた方はスイートルームの予約だったのに、クラブラウンジが使えないと案内されて驚いていました(横で聞いていた私もビックリ)。スイートなのに使えないのか?と確認していて、結局使えると言われていましたが、スタッフによっては案内に不安が残りました。プラチナアメニティは1,000ポイント、無料朝食(2名)、地ビールかオレンジジュースからの選択で、朝食を選びました。夜になってから朝食会場がどこかフロントに電話して初めて朝食券を渡し忘れられていた事がわかり受け取れましたが、朝食券はない所も多いし気が付かないかもしれないので、ご注意下さい。レイトチェックアウトも16時までOKでした。

4.フィットネスジム、プール、サウナ

フィットネス、プール、スパは5階にあります。
westinyokohama3
プール、ロッカー、サウナの営業時間は8:00-20:00。宿泊者無料、水着等のレンタルなし。おむつの取れていないお子さんも、水泳用のおむつの上にゴム製パンツを着用すれば利用可というのは珍しいですね。
westinyokohama4
通常チェックアウト時間の12時過ぎにプールに行ってみたのですが、ファミリープール状態の大混雑で入るのやめました(苦笑)レイトチェックアウトか連泊者かレジデンス滞在者(レジデンス滞在者のプール利用は有料)が相当多かったのでしょうか?それに浮き輪なんて持って入れるんですね!?高級ホテルのプールでリラックスしようと思ってる方は愕然とすると思うのでおススメしません。そもそも20時までとオープン時間が短く、カクテルタイム利用してると入れないし、大人だけでゆっくり利用できる時間がないので、20時~22時は18歳以上とか利用枠を分けてもらえると嬉しいですね。こんなオシャレなプールなので・・・(公式サイトより)。
pool
サウナは、男性用はドライサウナですが、女性用はスチームサウナで、ジメジメが苦手なのでこちらもパス。
フィットネスは24時間営業。シューズなどのレンタル無し。部屋のカードキーで入れます。
westinyokohama10
窓が大きく明るく開放的です。新しくてピッカピカ。
westinyokohama7
緑が視界に入るのはいいですね。ウッドフロアもナチュラルで温かみがあります。
westinyokohama8
水はウォーターサーバー。写真に入らないように撮りましたが、ワークアウトしている方もいました。
westinyokohama9

5.22階クラブフロアシティービュー(ベイビュー)のお部屋

エレベーターはルームキーをかざすと宿泊階が自動でつくシステム。クラブラウンジの入口はドアがなくオープンなのは、クラブフロア宿泊者しか22階に行けないからって事なんですね。
廊下のカーペットは海(打ち寄せる波)のイメージでしょうか、綺麗でした。写真は右がクラブラウンジです。
westinyokohama44
今回は客室としては最上階のクラブラウンジのある22階のお部屋。下中央の大きなスペースがクラブラウンジなのでお部屋の隣りだったのですが、通路が塞がれていてぐるっと逆コの字に回って行かないと行けない構造になっていました。隣りのコーナールームとともにとても景色の良いお部屋でした!画面下側がベイビュー、上側がシティビューです。シティビューの方が高い建物がなくて視界が良いようです。天気が良ければ富士山も見えるとか。
westinyokohama12
お部屋に入るとオシャレなアートがお出迎え。下の台は鍵が置けてとても便利!
westinyokohama10
入口からお部屋を見たところ。ウッドフロアがいい感じです。左に大きな姿見(鏡)。
westinyokohama11
右側にクローゼット。クローゼットの左は片開き、右は両開きでハンガーがかかっています。シューシャインサービス(無料)もありました。
westinyokohama31
左に、アイロンとアイロン台、バスローブ。
westinyokohama30
右は荷物台になっていて高さがないので、丈の長い服やコートなどは左にかけられます。下は引き出しでセキュリティーボックスとパジャマが入っていました。スリッパはいたって普通のものでした。
westinyokohama20
パジャマは嬉しいセパレートタイプ!これは私的にポイント高いです。
westinyokohama21
クローゼット反対側にバスルーム。こちらにもバスローブが1つかけてありました。
westinyokohama32
正面にオシャレなライト付鏡のある洗面台。
westinyokohama33
入ってすぐ左にトイレ、その隣りに大きなバスタブのあるバスルーム。トイレのドアはすりガラス、バスルームはガラス戸。
westinyokohama37
大きなレインシャワーと可動式シャワー、スツール。洗い場があるのは嬉しいです。浴槽が意外と高さがあるので、バスタブに入る時にうっかり膝をぶつけてしまいました。小柄な方はご注意を。
westinyokohama17
WHITE TEAのシャンプー・コンディショナー、ボディウォッシュは壁に取付タイプ。環境に配慮されてますね!White Teaの香り大好きです。
westinyokohama18
洗面台には拡大鏡も。
westinyokohama20
WHITE TEAの石鹸とボディーローション。
westinyokohama19
引き出しにはバスアメニティ一式。奥が女性向け、手前が男性向けになっていました。歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、シャワーキャップ、コットン・綿棒、ボディタオル。
westinyokohama21
右側の引き出しにはヘアドライヤー。割と普通(!?)のパナソニックでしたが、コンパクトで使いやすかったです。
westinyokohama18
貸出品リストはなかったのですが、電話して聞いたら、女性用化粧品セット(DR.C:LABO)、VSヘアアイロン、携帯充電コードを貸していただけました(化粧品は勿論もらえます)。ベッドサイドに携帯のワイヤレス充電器があるので、対応機種の方はそちらを利用できます。
westinyokohama38
バスルームは2方向ドアになっていて出入りできます。お部屋側のドアから居室内を見たところ。
westinyokohama34
お部屋は広々しています。窓は大きくフルハイトで明るく開放的です。
westinyokohama13
マットレスはウェスティンヘブンリーベッドの次世代モデル。硬すぎず柔らかすぎず快適でした。問題は枕!4つもあるのに全て同じ仕様でボリューム(高さ)があり過ぎて、私は低い枕が好きなので他にないのか聞いたのですが、あとはテンピュールしかなかったです。テンピュールもあまり好みではないのでお願いしませんでしたが、遅い時間になるとなくなってしまうので、テンピュールが良い方は早めにリクエストした方がよいです。これ、2個ずつ高い枕と低い枕を最初から組み合わせてもらえると、どちらの好みの方にも対応できて良いと思うんですけどね・・・。ベッドは高さがあるので、小さいお子さんはご注意を~。
westinyokohama35
右のベッドサイドテーブルには電話、上に置くだけで携帯充電ができるワイヤレス充電機能付アラームクロック、USBポート2個、コンセント1個は備品に使用されていて使えません。
westinyokohama15
反対側のベッドサイドにはオシャレなライト、ウェスティンに常備されている眠りを誘うリラックス効果のあるラベンダーバーム、コンセント1個、USBポート2個。
westinyokohama36
このお部屋からは海が見えて良い景色でしたが、クラブラウンジを挟んで向こう側になると近くに大きな建物があって海は見えないかもしれません。ベッド正面に大きなTV、窓際にはソファ、テーブル、チェア。
westinyokohama15
ソファの横にもコンセント2個、USBポート2個。
westinyokohama13
テーブルもオシャレ♪そういえばウェルカムスイーツなどなかったですが、忘れられたんでしょうかね?帰宅してから気付きました(笑)
westinyokohama16
部屋の隅に苔盆栽も置かれていました。部屋の端に鏡があるので広く見えます。
westinyokohama16
加湿空気清浄機も設置。
westinyokohama14
ルームキーもフルーツなどの写真で可愛かったです。後から受け取った朝食券など。
roomkey
夜の景色はこんな感じでした。
westinyokohama45
お部屋のバスルーム側にミニバーがあります。この上の部分は何でもないので、もっと高い位置にできなかったのでしょうか。何度も頭をぶつけそうになりました(苦笑)
westinyokohama14
左側にはアイスペールと象印の電気ケトル。
westinyokohama38
隣りはグラス類、有料スナック類、
westinyokohama39
ミニ冷蔵庫には有料飲料各種。
westinyokohama40
カウンターには無料の水。ボトル入りでボトルは持ち帰ると2,500円請求されます。こちらも環境に配慮されてますね。ボトルキャップはちょっと開けるのにコツがいるので、手前に引いてから持ち上げると開けられます。ネスプレッソマシンとカプセル、
westinyokohama41
ネスプレッソカプセルは4種類、ティーバッグはDilmahのEnglish Breakfastと伊藤園の緑茶が揃っていました。
westinyokohama42

色々評価の低い口コミを見ていたので恐る恐る?来ましたが、細かいマイナス点はあったものの、いやいやとても好印象で快適なホテルでした!
とにかく新しくて綺麗、広々して快適なお部屋でゆっくりくつろげるので、お子さんがいらっしゃるファミリーにもおススメです。
次はクラブラウンジと朝食の様子をUPします。

sponsored link

down

コメントする




旅行大好きMegです

子育てももうじき卒業、「非日常」の旅行はボケ防止にも良いというドクターの言葉を真に受け、旅行三昧の余生(!?)を送るべく社会人してます。 母だって主婦だって旅に出たい!”お得にちょっと贅沢な旅”がモットーです。素敵な非日常を楽しむ方が一人でも増えたらいいな~と思っています♪ あなたも旅に出てみませんか? [詳細]

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


sponsored link